パーソナルブランディングとエニアグラム。「あなたらしさ」って何だろう。ご感想2018-3:エニアグラム実践会

パーソナルブランディング

ふと、注文したこの本。
「パーソナルブランディング」というキーワードでいっぱい本が出ていました。
Amazonでジャケ買い。

毎日成長を感じながら、なりたい自分に近づくための「パーソナルブランディング」の教科書!

と、あります。
おお、、、、

なりたい自分。なりたい自分かぁ・・・。

こうなった経緯。ちょっと長いので、とっても興味がある方はお時間のあるときに、読んできてください(^^;)。
2012年に最初の記事を書いていますが、基本的に私の中身って変ってないわーーー、でも、今読み返してみたら、苦しんでいたんだなあ、おつかれ自分!と感じるので、かなりラクになっているようです。
こうなりたい、と思った自分シリーズ

パーソナルブランディングとエニアグラム

本の中では、エニアグラムも少しだけ紹介されていました。
自分のことを知るために。

自己啓発系のメソッドの傾向として「なりたい自分になって」「成功する/稼ぐ」というものを色濃く感じています。
エニアグラムでは「タイプ3(達成する人)」らしさがどんどん出ているところ。

ほおお、、、
これをエニアグラムをつかってお互いに考えてみたらどうだろう?
自己PR・強み発見・自分を売り込む、、、等が苦手なタイプは、なんて言うだろう?

自分を振り返ってみたら、少しは成長している?それは、誰か別の人になろうとしていたのだろうか?

ご参加頂いているのは、年齢30代〜50代が多いです。
みなさん社会で生きてこられるためには、いろいろな勉強もされてきたし、本当はしたくないこと自分には向いていないと思うこともしてこられたし、人間関係で失敗したり苦労したりされてきたことでしょう。

それがもしも、苦手を克服したり長所を伸ばしたりしていたなら、それこそが「あなたらしさ」。

それとも、誰か「(成功している)別の人」になろうとしましたか?

尊敬する人を目指しても、やはり、あなたはあなたであったはず。
エニアグラムの智慧を使って、自分を少し振り返ってみれば、おお自分、、、がんばった!というときや、そうできなかったとき、いろいろあるはずです。
いまだ生き続ける私たちの、この先の自分の方向も見えてくるはず。

自由とは何か

年をとって「丸くなる」かたと、「どんどんコチコチになっていく」人がいらっしゃると思うのですが、
それはエニアグラムで、こんなふうにいうことができます。

「性格に縛られず性格から自由になっていく」
「性格に囚われつづけている」

そこで、各タイプに問うてみました。
「あなたにとって『自由』とは何か」

これも各人ちがっていて、ずいぶん興味深い発表をいただきました。
その理由は、、、どれも「タイプらしい」。

  • ◎プレッシャーから解放されていること
  • ◎選択肢があって選べること
  • ◎人々から離れていること
  • ◎やりたいように力を使えること
  • ◎体は束縛されていても、頭の中はいつも自由であること

エニアグラム実践会ご感想

今回も、貴重なご感想のかずかずをありがとうございました(^o^)。

今回のワーク「あなたっぽさって?」で気づかせてもらったことは、”少し成長した自分”です。
自分のことを正直に話せること、誰も反論せずきいてくれること
うれしく、リラックスできます。
(Y・Hさん 50代主婦)
今回も新しい方が数名、はじめましての方もいて、また有用なデータを集めることができました。本を読んで学ぶことは大切ですが、やはり実際に人にあって、生(ナマ)の話を聴くほうが何倍も学びになると思います。次回も楽しみにしています。「1回だらっと」がツボでした(^o^)
(T・Kさん 40代男性 会社員)
自分自身を振り返り知ることができた。
自分と違うタイプの方の思考を学べた。
意識をして行動すれば、物事の見え方、考え方がかわることに気づけた。
(佐藤博さん 40代男性 会社員)
自由とは何か。改めて考えてみると難しい。そして他の方の話がためになりました。
自分と同じタイプの方が話しておられるとき、共感でき嬉しかったです。
(まゆっち 50代女性 介護職)
エニアグラムとしての悩みかどうか分からないけれど自己啓発的に「長所を伸ばせば良いか」「短所を改めたほうが良いのか」の決着が自分の中でまだついていません。
単純にエニアの話をみなさんでできること自体が嬉しい。
あと、自分の中の感情が動いたとき、及びそれが増長したときに声がでかくなることに気づけた。あとはTPOに合わせて使い分けできるようにしていきたい。
(H・Iさん 40代男性 会社員)
自分がよく言われること、印象を聞くワークがためになった。
紹介した人が来てくれたこと。
初めてで自分のタイプがつかめた人がいたこと。
そのタイプが持っていた印象が本人にとってはちょっと違うとズレを感じているとわかったこと。
タイプ2にハートは大切なこと。
(40代男性 会社員)
皆が自分のタイプで主張することで困っています。
「やりすぎていたこと」→「やらなくなったこと」のワークがためになった。
次回からはもう少し、自分から言うようにしたい。
(50代男性 会社員)
タイプ2.3.4の人は「自分のイメージを作り上げるから、本来の自分の姿が見えにくくなる」とエニアグラムの本に書かれていて、思い当たる節があったので、どうすれば本来の自分に向き合えるか悩んでいました。
「自由」という言葉に、ポジティブにもネガティブにも印象があまり浮かばなかったので、考えをまとめるのに苦労しました。反対に「自由」という言葉にはっきりしとしたイメージや反応があるタイプの方もいたので、実際にその人たちを目の前にすることで自分の考えに気づけたのは大きな収穫です。
回数を重ねて参加しているので、自分の変化に気づいてくれる方もいらっしゃって、自分ではわからないことに気づかされて来て良かったなと思いました。これからも少しずつ前に進んで、時々後退しつつも、成長していけたらいいなと思います。
(K・Sさん 30代女性 会社員)
「自分っぽさ」のワークが気に入りました。
他人のタイプを判別するコツが知りたい。
(30代男性 派遣社員)
年々理屈っぽくなっている気がしています。
「自由」について考えるワーク。私はほどほどの自由でいいことがわかった。あまり「自由」という言葉に反応しない理由もわかった。私にとって当たり前のことも他タイプの方にはぜんぜん意味不明だと分かった。「自分をわかって」といくら言葉を尽くして説明しても無駄だということもわかり少し楽になった気がします。
(40代女性 会社員)

エニアグラム、記事タイトルまとめページ

次回のエニアグラム実践会のご案内

2019年1月27日(日)
13時から18時(終了時間は前後します)
■場所:JR新大阪駅近くの会議室
■参加費(当日現金にてお支払いください)
初受講 4,000円
初受講(メールメンバー早割)3,000円
再受講 2,500円
3回目以降 1,500円
■定員10名
エニアグラムがはじめての方は、当日までにタイプチェックしてからご参加下さい。
ご参加お申し込み

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
気に入っていただけましたら、イイネ!やシェアお願いします(^^)!

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください