News

退行(過去世)催眠は怖い?

「催眠誘導講座やってます」というと、とっても興味を示す方と、怖がる方がいらっしゃいます。

怖いといっても、こういう怖さや、

怖い

こういう怖さがあって、それぞれちょっと違いますね。

kowai

もし、最初の写真のように「得体のしれないもの、見えない世界への怖さ」があるとしたら、セラピストとよく話し合ってください。
あとの写真のような「未知のものへの怖れ」も、ありますか?
いままで知らなかった領域に踏み込んでしまうかのような、おそれとか。

テレビの催眠ショーや、催眠術のイメージで、
「何を言わされるのかわからなくて怖い」とか、
「恥ずかしいことをさせられるんじゃないか」とか、思ってしまっている方が多いみたいです。

私の場合は、あるとき好奇心が打ち勝って、いきなり講座を受けました(笑)。
そこでは「催眠の誤解を解く」という項目もありました。
必ず、セッションの前に事前説明を行います。

ヒプノセラピー、過去世退行催眠セッションにおいては、すべてクライアント主導です。
セラピストは、クライアントがリラックスした状態になるよう導き、そのあとは、自動車教習所の教官のように、ことばでお手伝いしていきます。
ハンドルをにぎっているのは、クライアント自身です。

また、「催眠にかかる」「かけられる」にも、誤解があります。
クライアントは、自分自身の選択で、催眠状態になり、ふだんは閉じている、「潜在意識への扉」をひらくのです。

催眠状態でも、すべてはご自分で決められることですから、
「何を言わされるのかわからない」
「恥ずかしいことをさせられる」
ということは、ありませんし、セラピストが、個人の秘密や、そのセッションに不必要であるような立ち入ったことも尋ねたりしません。
いいたくなければ、言わなくてもいいんです。

もし、「過去世を知りたい!でもヘビーなのはイヤ!」と思うなら、「楽しかった/幸せに生きた過去世」を思いだしていただくことも可能です。
いちばんヘビーな過去世でトラウマを取り除くことだけが、過去世退行セッションの目的じゃあないですから。

セッションのお問い合わせ

誰に受けたらいいかわからない、やっぱりよくわからないので、まずは内容だけでも知っておきたい、、、
そんな方には、映像での解説と音声が収録されたDVDもあります。
自宅で学ぶ「エリクソン催眠誘導講座」の上級DVDは、上級講座を受講されたかたの復習用です。
しかしながら、フルセッションの音声誘導が収録されておりますので、未受講のかたでも、過去世退行とインナーチャイルドセッションの体験ができます!

一度のセッションで、より多くの解放ができる、
「過去世退行の感情解放セッション」の記事も読む


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
気に入っていただけましたら、イイネ!やシェアお願いします(^^)!

*
*
* (公開されません)