News

アニマルコミュニケーターとなるのを邪魔するものは?

「アニマルコミュニケーションをしたい」「アニマルコミュニケーターになるには」と志して受講してくださる方は、とっても努力家だったり粘り強かったり、いろんな講座に出られて探求したり、まあ、いうなれば「しつこい」んですが…ほめてます(笑)、どこか「ちゃんとできない・できてない」という悩みをかかえておられたりします。

私もそのうちの一人だったし、いまでも探求中です。
通常の、「テレパシー系」コミュニケーションでは、考えたりメモしたりすると、同調状態を保持しにくくて。

それが、催眠誘導講座に参加し、講師の資格講座を受けているとき、「催眠を使ったら、コミュニケーションに集中できる」とわかりました。
その方法を、東京では(株)オーラムのサチさんにコーディネートしていただき、ヒト相手の催眠誘導講座+アニマルコミュニケーションに特化した実習を加え、四日間でお伝えしています。

おかげさまで好評をいただいておりますが、めでたく!アニマルコミュニケーションができたあと、一つの学びのあとには、また新しい学びとなるべく、問題が浮上したりします。

たとえばこのような。

「仕事としての自信がもてない」
「適切なお金をいただけない」
「動物は好きだけど人間は嫌い・怖い」
「できない方が進まなくてもいい」

全員が同じ悩みじゃありません。
では、どうして、こんな信念を持つに至ったのでしょうか?

その原因がわかり、ブロックになるものを外すことができれば、同じ壁にぶつからずに次のステップに進んでいくことが可能です♪
いままで自覚していたことと、違うことや、思いもつかなかったことであることが多いです。

その気付きのための一環として、講座の中でEFT(タッピング)を取り入れています。
たとえば、小さい頃から聞いていた、親が言い続けていたこと/印象に残ってることって、ありませんか?
よかれと思って言ってくれてたんだろうけど、意味を履き違えてしまってたりすることも多いです。
先日の講座でも、EFTの実習の途中で、重大なことを発見した方がおられました。

「次、がんばればいいよ」って、言われてました。
ふつうに、いい励ましですよね。

でもこれってもしかして…「いま、がんばれない」呪文なんじゃ???
いつまでも「目の前のことが、できない」っていう前提になってないか(泣)???

ご本人がガーン!!!!ってなるなら、きっとそれは重大な信念の刷り込み。
原因がわかれば、そのトゲを特定し、自分で抜くことは可能です。

原因となるキーワードを、口に出している方は多いものです。
それがご自分で解るとき、、、、
新しい地平がひらけるときです。

今後は、応用編としてEFT、シータヒーリングも合わせて取り入れていくコースも考えています。

「アニマルコミュニケーションやりたくて参加したら、なんだか人生たのしくなってきちゃった♪」
そんなワークショップも私のめざすところです(^^)!

自分だけの特性をみつけ、それを活かし表現していくこと。
そのきっかけになるといいなあ。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
気に入っていただけましたら、イイネ!やシェアお願いします(^^)!

*
*
* (公開されません)