山歩きで、過剰な感情を解放してみたよ。

宝塚市は、自然がすぐ近くにあること、越してきて8年めにして知りました。
毎日、山と川をみているはずなのに、お出かけしていなかったんです。

廃線跡ハイキング

JR宝塚の1駅先の生瀬から、JR西日本の廃線跡ハイキングができます。
同じく、宝塚市に越してきた友人と行ってきましたが、「ほんとにここ近所??」「いつもみてる武庫川??」と、はしゃぎまくりました。
近所なのに!信じられない秘境ぶり!すごすぎた!
けっこう有名なレジャーコースらしく、近所でない友人たち、何年も前に行ったそうで・・・。
冒険好きの私と友人、こういうの大好きなのに、いままで機会がなかったんですよねぇ、アウトドア友達いなかったしなぁ。
廃線ハイキング廃線跡のトンネル武庫川
トンネルと渓流!

うちから見える山に登って、うちを見る

なぜか甲山、そして自宅が見えると嬉しい。
いつも写真撮ってしまいます。
甲山宝塚大劇場方面ソロストーブ:お湯を沸かす
こんなランチも、楽しいですよ。今回は、枯れ葉や枯れ枝、松ぼっくりを燃やしてお湯を沸かしました。
炎をみていると、不思議な感覚になりますね。

タイプ別、過剰な感情(憤り、失望)を手放す

冒険好きの私と友人、、、エニアグラムタイプが違います。
いつも真面目で正しさを求める友人は、ハイキングのときはとっても楽しそう。
事前にコースはお知らせしてあるし、自分で仕切らなくていいし責任の所在もはっきりしており、義務から解放されているのか、気楽にしててもらえてるみたいで私も嬉しいです。
そして、可能な限りきちんと準備してきてくれるのがありがたく、私も同行者として信頼できるのです。
「楽しまなくちゃ」と思うと楽しみかたが解らない、と言っていましたが、いつもの「きちんと〜しなくちゃ」が少ないときに、楽しもうと思わなくても、気楽にあそぶことができるのだと思います。
そんな友人も、「昼過ぎの業務ができてしまった」ということで、楽しみを切り上げて、またいつもの「きちんと〜しなくちゃ」の世界に戻っていきました。

その憤りは、自分の深いところで生産し続けてるのを知って、気づいたら修正していけるようにねー。
正しくないかもしれない自分も許容してね。

私の場合。
ある事項で、不満がたまっています。ええ、今も(汗)。
私は、理解と評価があると、仕事への意欲とエネルギーがめっちゃ高まるようです。
それがないと、もうハッキリと、クオリティとスピードに支障が出てしまう。

え、わがままですか?
「あなたの◎◎、△△が〜でよかった!〜さんも、とっても喜んでくれたよ。」
この件に関しては、ボランティアでした。
私がほしいのは、たったこれだけなんだけどな。。。

うっぷんは、アウトドアでずいぶんガス抜き(手放し)できてるようです。
同意して理解して聞いてもらえる友人が複数いるのも幸いしています。ありがとう、友人たち!

過剰な感情を手放すのは難しい?

その不満は、自分の深いところで生産し続けてるのを知って、気づいたら修正していけるようにねー。
と、自分に言います。

これが、なかなか難しい。
なぜ難しいか?
次回に続きます。

(1)山歩きで、過剰な感情を解放してみたよ。
(2)過剰な感情を手放すのは難しい?長所短所は裏表一体


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
気に入っていただけましたら、イイネ!やシェアお願いします(^^)!

*
*
* (公開されません)