News

口封じ。ある状況への反応、解放はどう現われるのか?

「どうしても見えない」過去世をたどっていくと」の、続きです。

感情解放セッションのあとで、解放されたことがどんなところでわかるかというと、これまた、日々の意外なところに現われてビックリします。
という話でした。

いやあ〜これもまたヘビーな過去世。
影響のあった場所、影響のあった人、直接関係あった場所や人や状況。

ある池の前で急に気持悪くなりました。
これって何かのシルシなんです。

センセイ「春千代さん、ここで口封じに沈められたよね、10人くらい一緒に。命令したのは○○さん」

ま、またあ…そんなあ…(泣)。また○○さん、そんなんばっかりやん(泣)。
でも気持悪い。

しかし、頭にフッとよぎるのは、白い布で…

「私、白い布でぐるぐる巻きにされましたよね???」

センセイ「(確認)…うん、そうね」

私が、実際に気持悪いのと、怖いイメージ見てしまってわーわー悶えてる間に、怒りや悲しみを解放する手伝いをしていただきました。

関連するシーンのどこかに無意識が反応することで、汚れが浮いてきて取りのぞきやすくなるというか、剥がすべきタブが見つかるというか…
(C)のところでは、過去の見たくないものを必死に押さえつけています。

このうちの一つが、解放されてもう消えてしまったとき、私にナニが起こるのか???

いつのまにか、マスクができるようになっていました。

風邪をひいても花粉症のひどいときでも、黄砂で空が曇っている日でも、インフルエンザが流行っているときでも、マスクがどうも好きじゃない…
自分ならともかく、マスクの人も気になってしまっていたんです。

それに気付いたのは、なんとなく普通にマスクをして出かけた日でした。
私にとってマスクは、口封じの記憶・感情と結びついていたのでしょうね…

「マスクできなかったっていいじゃない?」
と、いうのは、この続きで。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
気に入っていただけましたら、イイネ!やシェアお願いします(^^)!

*
*
* (公開されません)