催眠アニマルコミュニケーションを学びたい皆さんへ。

ワンネス・ラボ

当ワークショップは、「催眠技法を応用して、他者を誘導して動物とお話をする」ことを実習していきます。

ですから、まずは3日間の「エリクソン催眠誘導講座」で、他者を誘導する技術を身に付けていただくと同時に、ご自身の深い部分も体験することが不可欠となっております。
誘導される方の気持もわかっておくことで、より深いセッションができるようになります。

最近、よく聞かれるのですが、、、
「催眠の講座に行かないと、アニマルコミュニケーション受けられないんですよね?」

いえ、逆なんですよ〜。
「催眠で誘導されたら、お話しやすくなる」
催眠技法を応用して、飼い主さんが自分で自分ちの動物とコミュニケーションしてもらう技術をお伝えしています。

たぶん、ちょっとしたアニマルコミュニケーションだったら、もう皆さんは日常で行っていると思います。
おうちの子は、言葉ではなく態度で、エネルギーで、私たちにいろんな意思表示をしているんです。
飼い主さんで「この子は、私のいうこと、なんでもわかるんです」という方が、たくさんいます。
きっと、そのとおりです。
でも、その子たちからの返事は、人間が使う「言葉」じゃありません。
いろんなしぐさや、態度や、ついには問題行動で私たちに伝えようとしてくれています。

そして、動物や他人とのコミュニケーションも、その人のその状況で受け取り方は大いに違ってきます。
敏感な方もいるし、素直な方や頑固な方、カンペキを求め過ぎて、小さな情報を見失っている人もいます。

それは、ふだんの生活の中でも自分自身に対しても、同じ傾向があるようです。
私たちは、自分が期待するものを見つけ、自分に関係ないものを見落としがちです。

アニマルコミュニケーションや催眠、他のスピリチュアルワークに対して、ただマジックを求めているだけでは、解決につながりません。

ヒントやきっかけをつかんだとき、行動することが、たいせつです。
どんな小さなことでもかまいません。
たとえば、少し、いまの自分の位置から踏み出してみること。
たとえば、おそれずに、うけとめること。
答えは、必ず自分自身のなかにあります。

自分自身を受け入れ、愛し、共に暮らす家族や動物に、いかに「精神的に」安定した環境を提供するのか。
もちろん、うまくいったりいかなかったり、それぞれで、100%を求める必要はありません。
自己ベストを更新していけば、それでいいと思っています。

というわけで…
自己ベスト更新希望の方、変化を決めた方、お待ちしていまーすヽ(^◇^)ノ!

2011年1月のエリクソン催眠誘導講座

1/15(土)初級・中級
1/16(日)上級(乙)
1/22(祝)上級(甲)
各日9時45分から18時くらいまで
新大阪の会議室

お申し込みは、こちら。
◇パソコンから

◇携帯から
講座専用お申し込みフォーム

(応用編:催眠アニマルコミュニケーションは未定です)

今回は日程があわない…興味はあるけれど、今すぐ受講するかどうか迷っている…。
すみません、告知している以外は、未定です。
次回以降のお知らせをお送りします。
よろしければ、メールメンバーにご登録お願いします。

メールメンバー登録。

シータヒーリング基礎セミナー

http://oneness-lab.jp/theta/

初受講 45,000円

「どうしてできないんだろう…」
自分自身を動かしている不要なプログラムを手放し、望ましいプログラムに置き換えてあげれば、もっとやすやすと自分の道をすすむことができます。
心のブレーキを緩め、楽しいと感じる方向へアクセルを踏みましょう♪
たとえば、アニマルコミュニケーターになろうとするときに、変化させまいとして
自分の中の何かがじゃまをする…
その、ブロックとなる思考を、速やかに安全に置き換えることができます。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
気に入っていただけましたら、イイネ!やシェアお願いします(^^)!

*
*
* (公開されません)