「三日間で、できる。エリクソン催眠誘導講座」終了いたしました。

「三日間で、できる。エリクソン催眠誘導講座」終了いたしました。
今回は少人数でじっくりと。

エニアグラムを学んだことで、参加者さんの言葉のクセや傾向などがよく見えるようになりました。

質問力を磨く。そのまえに、自分のくせを知る


「オープンな質問」と、「クローズドな質問」。
当講座では、このふたつの使い分けが重要ですとお伝えしています。
催眠状態(トランス状態)では、長い文章や、二重否定などの複雑な文章が理解しにくいです。
いってみれば、子どものようなもの。

たとえば、

「お名前教えてくれるかな?」
「うん」

教えてもいいかどうかで、答えます。
成長すれば、あ、こういわれたら名前をいうんだな!と学習して、

「お名前教えてくれるかな?」
「みっちゃん」

などと、名前を答えるでしょう。

同様に、
もしクライアントが泣き出したら、

「悲しいんですか?」
ときいてしまったら、
「悲しいか」「悲しくないか」で答えてしまう。

「なぜ、泣いているんですか?」
と、オープンな質問をしてくださいね。

と、お伝えしているのに!!!!

どうしても、これまでの習慣で、「◎◎なんですか?」と、尋ねてしまうんです。
ほとんど無意識で反射的に。

カウンセリングの勉強や実技をしているかたにも、ありがちです。

トランス状態では、おうむ返しと、オープンな質問をして、クライアントにフルに感じる体験をしてほしいと考えています。
あとで一緒に振り返るときに思考を使いましょう。

2020年3月エリクソン催眠誘導講座のご感想

ご感想ありがとうございます!
最終日の終わりに書いていただいているので、ずいぶん簡素ですが(^^;)。

自分の過去世が知りたかったので参加しました。自分の中にある自分が知らない部分を見てみたかった。自分で自分をさぐるということが受講の決め手となった。
・自分が感じていながら口には出していなかったことが、どれぐらい根深く自分の今に影響を与えていたか判った。
・こんなに自分が孤独感を感じていたのか、おどろいた。実は過去世から持ち続けていた。
(女性)
・三日間ですべて学べること
・時間の都合がついたこと
・とても楽しかったです。
・エニアグラムで知ったことと合致することもあって、興味深かったです。
・実際に体験することで、どういうものかわかりました。
(CJさん 40代 女性)
9年ぶりなので誘導するのが大変でした。
逆に誘導されるのはずいぶん楽でした。
読む自己催眠も読んでみよう。
(TKさん 40代 会社員 男性)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
気に入っていただけましたら、イイネ!やシェアお願いします(^^)!

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください