News

私たちは、過去の感情の習慣にしたがってなにかを選択し続けていくのか?

ひどい気分よい気分のときたとえば、同じ状況でも、気分のよいときの意思決定と、そうでないときの意思決定の違い。
そのときの決定が、それ以降の行動の習慣となり、のちのちの「無関係な決定」にも影響をおよぼしているそうです。

私たちは、過去の感情の習慣にしたがってなにかを選択し続けていくのか?
それとも、そんな傾向があるということを知ることで、以前の感情で行ってきたのとは違った、新しい合理的な(と思っていても、やっぱりどこか非合理的な)決定をするのか。

今回おすすめのは、
「予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 増補版」
「不合理だからすべてがうまくいく―行動経済学で「人を動かす」

illogicality

実験にしたがって証明された、私たちがだれでも持っている不合理の数々。

もしもしタッピング」の、ヒントがいっぱいありました♪
受講生のみなさんも、ぜひ読んでみてください。
一定の人数があつまればですが、講座でもかんたんな実験と検証ができると楽しいなぁ〜。

関連記事:他者への罰を快く感じるしくみが、私たちの脳にある。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
気に入っていただけましたら、イイネ!やシェアお願いします(^^)!

*
*
* (公開されません)