News

低糖おかずマフィン、美味しく美しくできました。

ほうれん草と豆腐のマフィン
おかずマフィン

国産 小麦ふすま  30グラム
アーモンドプードル 50グラム
ベーキングパウダー 小さじ1/4
ほうれん草(ゆでて刻む) 80グラム
絹ごし豆腐 大さじ4くらい
塩 小さじ2/3
卵 2個

油も甘味も足しておらず、さっぱりしっとり。

8個で糖質量が15グラムくらいです。
1個2グラム以下?すばらしい。

参考にさせていただいたページ。
ここはほんとにレパートリーも多く、全部美味しそうです。
しかも、合成物を使わない主義なのもいい!
http://ganbaremommy.blog.fc2.com/blog-entry-668.html

短い準備時間で、たまった録画を見ながらでも、きれいに焼けて美味しいことがわかってきたので、そろそろマフィンの自由研究?は終わりです(笑)。

お菓子作りって「分量をきっちり量らないとだめ!」と思っていたんですが、どんなレシピをみても材料や分量の違いはあるし、そのとおり計って作っていても、うまくいかないことも多い。
なのに、粉の材料を変えても、分量がちがっても、うまくいくときはいく。
家庭料理なんですから、多少の出来上がりの違いや味の違いは気にしない。

血糖値をできる限り上げない、
体脂肪を燃やす、
食後に眠くならない、
合成甘味料もつかわない、
持ち歩ける、おいしい食糧を!

そう思って焼き始めたマフィンですが、いろいろと学ばせていただきました(^.^)。

材料だけは、低糖の粉類や甘味料を入手する必要がありますが、専門店のネットショップだと、安く買えるし保存状態もいいかと思います。
型も、100円ショップで買えます。
材料を混ぜて焼くだけなのでとっても簡単で、冷蔵庫や冷凍庫で保存もできます。
わんこと共通のおやつにもいけますね(^^)。

お腹が空いたり甘いものや粉ものが大好きで、切らすと、寂しくなったり、怒りっぽくなったり、落ち込みやすくなる方へ。
(食後の高揚感・多幸感がほしくて甘いものや粉ものを食べてる方も多いんですよ、じつは。)
これ、ヒーリングや瞑想よりも、いいかもしれませんよ。
お母さんや、飼い主の気分が安定していると、子どももペットも安心していられますもんね。

そして、、、、こう書くとよけいに「食べた後にふんわりできないなら、こんなマフィンは要らないや」と、思う人もいることを知っています(汗)。
表向きは「わ〜スゴイ!私にはこんなにこだわって焼くのも、材料揃えるのも無理です〜」って、考えたり、声に出したりするんですよね。

普段から健康な食事を実践している友人は、よろこんで食べてくれるんですよ。

さて、これを読んでくださってる方は、どちらなんでしょう?


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
気に入っていただけましたら、イイネ!やシェアお願いします(^^)!

*
*
* (公開されません)