News

◎◎が嫌い→それから?:感情解放セッション

「車の営業くんがミ◎◎◎流してて…この人からは買わへんな、と思った」
と、シータヒーリング関係友人のYさんは言いました。

「大嫌いやねん、ほかのミュージシャン◎◎や芸能人◎◎も。
こんなに嫌いって、どうやねん。ちょっと掘り下げてくれへん?」

偉そうな歌いかたへの嫌悪。
怒り。
嫉み。
恨み。
「低俗」。

なんかいろいろでてきました。
たくさん押さえ込んで、くすぶらせていたんですねぇ。。
こうやって出てくるときが解放のチャンスです。

ただ、本人が感情を手放すだけ。
まほうのことば「◎◎◎◎ます」。

とくに「低俗」に反応していました。
お母さんが何かを蔑むとき、よく使っていた言葉だったそうです。

べつに、特定の歌手を嫌いでもいいんですよ。
好きになる必要もない。
ただ、わざわざ嫌いになる必要も、ない。

その「わざわざ嫌いになる」スイッチを、持ち続けていると。
同様のものをいつも嫌いで、見下していることになってしまう。
それは、もう要らないですよね。

次の朝、メールが届きました。

「(国の名前)大嫌いやったけど、今朝ニュースみたら、どうでもいい感じやったわ。歌手が嫌いなのと同じことやってんな、きっと。低俗だから嫌いにならないといけなかったんやわ」

深い感情解放がおこると、不思議なところで気持ちが軽くなっていることが、よくあります(笑)。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
気に入っていただけましたら、イイネ!やシェアお願いします(^^)!

*
*
* (公開されません)