News

エニアグラムタイプ・間違いやすい/間違われやすいタイプ

自分のタイプをみつけるのは難しいの?

エニアグラムでは、まず、9つのタイプのうちから自分のタイプを見つけましょう、というところから始まります。
診断テストがいっぱい!あります。
私は幸いにも、この本の解説を読んで自分のタイプが分かってしまいました。
一方、迷い始めるとなかなか決め手が見つからず、迷いつづける。もしくは、診断テストの結果を疑わずにそのままの方もお見受けします。
エニアグラムは、自己発見のツールとしても使えますが、自分のタイプをみつけるためには、ある程度の自己認識が必要なようです。

エニアグラムの智慧を生かすとは、自分を知っていくうえで他者との違いも知り、自己成長や人間関係の潤滑に使うものだと考えております。
自分のタイプを見つけていないと、せっかく学んだのによく解らず使い切れずに諦めるか去るかしてしまうかもしれず、それはそれはもったいない。

間違いやすいタイプ、間違われやすいタイプ

「エニアグラム―あなたを知る9つのタイプ」を眺めていると、各タイプの章の最後に「自分のことをタイプ***と間違いやすい」という項目を見つけたのでまとめてみました。

タイプ1が、自分のことをタイプ4.5.6と間違いやすい
タイプ3.6.7が、自分のことをタイ1と間違いやすい
各ベスト3

と、読んでください。
タイプ間違い

よくわからない、、いやぜんぜん解らないので表にしました。
黄色:間違いやすい、または、間違われやすい、
オレンジ:間違いやすい、かつ、間違われやすい
タイプ間違い
矢印をつけたところが、頻度の高いところです。
この本では、
タイプ7が他のタイプに「間違いやすい」ナンバーワン!
タイプ4とタイプ1がかなり「間違われやすい」人気者!

面白いことに、タイプ4とタイプ1は、自分のタイプをさほど間違えないみたいですね。

ここにまとめてみたのは「各ベスト3」。
実地で感じるような頻度はよみとれませんが、けっこう参考になりそうです。
しばらく眺めてお楽しみください♪

エニアグラム実践会アドバンス

■2017年2月11日(土祝)
■12:30〜17:00
■場所:新大阪
■参加費 4,000円
(2週間前までのメールメンバー早割) 3,000円
■対象:ワンネス・ラボのエニアグラム実践会に2回以上ご参加の方、もしくはプライマリーコース同等以上の知識が前提。
◎これまでの実践会では扱ってこなかったテーマでのワークとシェア
◎ワーク『各タイプの「お仕置き(拷問)」を考えてみよう』その2
◎ワーク『選定中』
■参加費 4,000円
(2週間前までのメールメンバー早割) 3,000円

ご参加お申し込み


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
気に入っていただけましたら、イイネ!やシェアお願いします(^^)!

*
*
* (公開されません)