News

「うそ」の定義はみんな違う?ご感想2016-04:第18回大阪 エニアグラム実践会。

第18回大阪 エニアグラム実践会、終了いたしました。
IMG_1886

各タイプ別「うそ」

私たちが使っている言葉も、じつはタイプごとに違う意味をもって違う使い方をしているようです。
今回のお題は、『うそ』

私たちは、「うそをついてはいけません」と育てられてきますが、社会で生きるためには「うそ」が必要・・・。
関係を潤滑にするための社交辞令やお世辞も「うそ」に入るだろうし、相手のことを考えての「(優しい?)うそ」もある。
小さなごまかしや、つくり話だって日常おこなっているかもしれません。
小説、漫画、映画やドラマも舞台でも、ほとんどがフィクション(作り事、虚構、作り話、創作)です。

タイプ揃いました!

タイプ3が確定している方が参加してくださって、、、うちの実践会では欠けていたサンプルのピースが埋まった感じがします!
タイプ◎といっても、ウイングや成長の方向、レベルによって見え方や行動はさまざまです。
いろんなタイプ◎を直接みて、普段なら絶対しゃべらないような内面の話をきいて、よく観察していけば、タイプについて理解が深まっていきます。
本だけでは絶対に得られない、貴重な体験です。

タイプ7の「小さいウソ、大きいウソ」の区別や、
それを聞いて「ウソに大きいとか小さいとか無い」というタイプ1や、
「追い込まれたときにウソをついて逃げる。通常はだまっておく」というタイプ5、
「もめ事を避けるために、相手に合わせて自分の意見も変える」というタイプ9、
「信頼に関わるのでウソはつきたくない」というタイプ6、などなど。

いつもながら、タイプによって全然ちがうことをいうので、、、
そりゃーこれだけ違うんだから、ウソがからむとややこしくなりますね(笑)!!!

第18回大阪 エニアグラム実践会ご感想

みなさま、ご参加とご感想をありがとうございます!

本当の自分がさっぱりわからない。(自分がタイプ3であることはわかるし、タイプ3のことも語れるけど・・・)
タイプ3の黒い部分をさらけ出しても否定せず聞いていただけたことが嬉しかった。
でもやっぱり、こういうワークでは真っ黒な自分を出すと成功するから、それらしく演じているなーと気付かされて、自分はどこに行けばいいのかわからなくなります。
(石川みきさん 女性)
どんなウソをつくのか。どうすればウソをつくような情況を回避できるのか考える機会を得られた。
他のタイプの方がどう考えているのかということを直接見ることができて、彼らとどう接すればいいのかあるていど見当がついたと思っています。面白かったし、共感できるし、参考になる部分も多かったように思います。
(KTさん 学生 20代男性)
今回は、ほぼ全タイプがそろう夢の回となり、参加できてとても嬉しく思います。
1つのテーマでも、いつも以上に広がりを見せる回答の連続でした。
自分の考えていること思っていることが、以下に世界では一部分、ひとかけらでしかないかということを目の当たりにして本当に面白かったです。
自分の見ている世界を1歩でて、全体を俯瞰しているような感覚を味わえました。こんなにいろいろな視点があるのなら、私一人の考えも何であれ存在していいし、私一人の考えにこだわって正しいと思う必要もないなと思います。
今のこの感覚を忘れずにいたら、また今までよりも豊かな人間関係をはじめられるなと思います。うまくいきますように〜!
今度は、同じタイプの方に出会ってみたいです。来ますように〜!
(KSさん 30代女性 団体職員)
ひとつのことにじっくり取り組むことが苦手。
今回もワークをする度に、選択肢の多さがあれば満足してしまう、貪欲な自分を感じながら、でも面白かったからいーでしょ!で、反省と改善をしない傾向も強く感じました。
「うそ」についてのワークは同じタイプでは当たり前のことも他のタイプから見ると違和感を覚えること、こんな自分を恥ずかしいとすら思いました。
(なおさん 40代女性 カラーアナリスト)
多いタイプが集まることができたので楽しく面白かったです。
タイプが少しずつわかりやすくなっていいです。
(TOさん 30代男性 整骨)
うそ。これは今までで一番面白かったテーマでした。
タイプ3の出現、自己開示に圧倒されつつ、非常に情報量の多いサンプリングができました。ありがとう。
自己の過去体験を比較し、やっとガテンが行きました。あのときのあれは、そういう理由だったのかと納得できてすっきりしました。もう一度ありがとう。
(TKさん 40代男性 会社員)
本能のバリエーションとタイプは面白かった。
自分は”そーなんだ”といいたいために本を読んでいるんだと気付いた。(いい人が私に最新情報を教える絵を描いたとき!)
(HIさん  40代男性)
「いい人」「うそ」などをテーマにタイプ別で発表していく時間が有意義でした。
まだ自分の嫌な部分を受け入れるまでできるようになったとは思いませんが、違う、ということを知りました。違うことで支え合ったり助けたり成長できるきっかけが生まれることもわかりました。
こうなると「自分はどんなふうに人の役に立てるか」を考え、強みがないし、いい点もないし、、、と自分のことを否定してばかりになります。
最終的には嫌な部分も受け入れてはじめて新たな(本来の)自分と出会えると思うのですが、その前にまず自分の好きなところやよいところを認めることからだと思いました。ありがとうございました。
(ゆみちゃん 30代女性 会社員)

今後の新大阪:エニアグラム体験会/実践会

いろんなタイプの参加者と一緒に、エニアグラムを体験しながら理解と気付きを得られる、実践形式のワークショップです。
Webや本からでは決して得られないライブ感で、他者との違いを目の当たりにし、自己理解、自己認識をすすめましょう。

実践会アドバンス

これまでの実践会にご参加してくださった方向けの、上級編です。
テーマは、リクエストをいただいたなかから、選定中。
2016年9月25日(日)
■12:30〜17:00
■場所:新大阪
■参加費(当日現金にてお支払いください)
(2週間前までのメールメンバー早割) 3,000円
■定員10名様先着
ご参加お申し込み


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
気に入っていただけましたら、イイネ!やシェアお願いします(^^)!

*
*
* (公開されません)